障害を乗り越えられる環境づくり

障害の定義

障害者雇用を義務付ける動きが活発になってきている近年ですが、障害の定義は政令でしっかりと決められています。どのような状態が障害なのか、しっかりと内容を把握しなければいけません。

詳細を確認する

法律で決められている

障害者雇用は法律で決められており、障害を持っている人を一定数以上雇用しなければいけません。自社が法律を順守しているのかどうか、しっかりと確認を行なうことが大切です。

詳細を確認する

放置してしまうと

企業に課せられた義務の一つとして障害者雇用があります。しかし、障害者を雇用しなければ、企業にとって大きなマイナスとなってしまいます。企業の印象を良くする為に障害者雇用をしましょう。

詳細を確認する

企業に嬉しいメリット

障害者雇用をしなければいけない制度が存在しており、雇用することによって、企業にとって嬉しいメリットがあります。障害者を雇用する事によって得られる内容を学びましょう。

詳細を確認する

仕事内容を考える

障害者雇用を決めた時に多くの企業では、どのような仕事を任せるべきか考えることが多いのですが、最も重要なのが、個人に合った仕事を探すことです。人材の特徴を把握しながら任せるべき仕事を選びましょう。

詳細を確認する

健康的で安全な暮らし

障害者へのサポート

障害を持っている人が、安心して健康的な生活を送ることができるように、国は障害者雇用を企業に義務付け、重度の障害を持つ人を対象に手当を支給するなど様々なサポートを行っています。
障害を持っている人が自立するための障害者雇用制度を企業に義務付けることによって、障害を持っている人でも差別されること無く社会進出をすることができるようになっています。
サポート体制がしっかりと行われているので、同居する家族への負担を軽減することができ、障害者が自分の生きがいを持つことが出来るようになっていますので、今では無くてはならないものになています。

重度者へのサポート

重度の障害を持っている人に行われているサポートとして有名なのが特別障害者手当です。重度の障害を持つ人を家族が介護しなければならなくなった場合、介護費用の負担が大きくなってしまい家族に大きな負担をかけてしまいます。
しかし、重度の障害を持っていると判断された人は、国から特別障害者手当が国から支給されます。
特別障害者手当の申請は、基本的に市町村内にある福祉事務所などの担当部署に行なうことが一般的です。
特別障害者手当を申請する際に特別障害者手当認定請求書や障害者手帳、戸籍謄本や本人の預貯金通帳、印鑑など用意しなければいけないものはたくさんありますので事前に何が必要なのかしっかりと把握することが大切です。
基本的に申請が認定された場合、支給が翌月から開始されますのではやいうちに手続きを行わなければいけません。

Copyright© 2015 障害者へのサポート体制を把握することが大切 All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com